読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浄土寺 平成の大修理見学会

平成28年9月18日 平成の大修理見学会
  9月17日の林英哲奉納太鼓に続いて今日も浄土寺に通う
市の学芸員の説明で修理の終わった浄土寺の建物の見学と今日から御開帳される秘仏十一面観世音菩薩を拝見する

国宝 本堂


  秘仏十一面観世音菩薩を拝見

重文 阿弥陀堂

  阿弥陀三尊を拝見
国宝 多宝塔

重文 茶室「露滴庵」


重文 方丈



  方丈はかなり身分の高いを迎える為の部屋で、どこの寺でもあるものではないそうです。昨夜はここに太鼓奉納の席が設けられていた。

方丈から庫裏に続く廊下から昨夜林英哲たちが登場していたようです。

庫裏は解体工事中の見学会で、土台がむき出しの状態なのを見てきましたが、初期の図面通りに立派に復元されていました。残された部材は使えるものは全て使って復元されたのですが、見えないところには鋼材が使われて耐震補強もされているようです