読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅で出会った人 瀬芸編

旅で出会った素敵な人達を紹介します
瀬戸内国際芸術祭で出会った作者

  ====内藤 礼
直島の家プロジェクト「このことを」は紹介しました
  たぶん15分は必要だったのでしょう、待つことによって見えてくるものがあるのです。
豊島美術館
豊島美術館は作品は1つだけ、ドーム型の建物だけ
     
中に入ると、水の密やかな動きに包まれて、静寂に癒されて、安らぎを感じます。
  紹介しているブログは  http://d.hatena.ne.jp/yo3519/20131031
内藤 礼:広島県広島市出身
     2001年 直島の家プロジェクトで古民家「きんざ」に作品設置。『このことを』
     2010年 豊島美術館に作品設置
     2016年 映画『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』
   繊細な傷付きやすい女性でどこからあのような大きな作品が生まれてくるのか不思議です

  ====三分一 博志(さんぶいち ひろし)

広島県在住の建築家。三分一博志建築設計事務所主宰
国内のみならず、海外での評価も高い。犬島アートプロジェクト「精錬所」、六甲枝垂れなどでも注目される
犬島アートプロジェクト“精錬所”を構成しているのは建築家の三分一博志による自然エネルギーを活用した建物

  紹介しているブログは http://d.hatena.ne.jp/yo3519/20130810
犬島の精錬所跡の美術館を設計した三分一博志の思想と建築物を紹介する「三分一博志建築構想展」
風や日光といった自然の力を取り入れるエナジースケープの思想とそれを完全に具現化した建築群に感心しました。
三分一博志には共感します。(安藤の手法とは相容れない)

  紹介しているブログは http://d.hatena.ne.jp/yo3519/20130410

まだまだ紹介したい人は多いのですが、ブログの場所を探すのが大変なのです
今年も3月から第三回の瀬戸芸が始まります、今度はどんな人と会えるでしょうか?